カテゴリー別アーカイブ: 活動

『都市交通計画(第3版)』が刊行されました

『都市交通計画(第3版)』が技報堂出版から刊行されました。第2版から14年ぶりの改訂で、編著は新谷洋二名誉教授と原田教授、そのほか当研究室出身者からは日本大学 岸井隆幸教授、埼玉大学 久保田尚教授、横浜国立大学 中村文彦理事・副学長と高見准教授が著者として執筆しています。当研究室が提供する学部講義の教科書となります。

送別会・歓迎会を催しました

さる8月6日に本郷にて、修了予定学生の送別会兼新メンバーの歓迎会を催しました。

まずは修士(都市持続再生学コース)学生1名と研究生1名が、それぞれ9月に課程を修了します。お疲れさまでした。

その一方で、卒論執筆にあたり2名の学部4年生が当研究室の配属となります。頑張ってください!

シンポジウム「交通まちづくり -地方都市からの挑戦-」開催のご案内

[Update 4] 本シンポジウムは無事終了いたしました。ご参加・ご協力いただいた多くの皆様に深く御礼申し上げます。(2015.7.5)

[Update 3] 満席となりましたため、参加申込受付を終了しました。(2015.6.27)

[Update 2] 席が残り少なくなっております。先着順で受け付けておりますが、お申し込みいただいてもご希望に添えない場合がございますことをご了承ください。(2015.6.26)

[Update 1] 多数のお申し込みをいただきましたため、会場を「工学部11号館講堂」に変更いたします。(2015.6.23)

先の記事のとおり、原田教授が代表を務めてきた交通まちづくり研究小委員会(2007~2010年)・「交通まちづくりの実践」研究小委員会(2010~2014年)の成果が書籍『交通まちづくり -地方都市からの挑戦-』(原田昇編著、鹿島出版会)として出版されるのを機に、シンポジウムを開催します。

日時: 2015年7月5日(日)13:00-16:25
会場: 東京大学工学部11号館講堂  ※地図はこちら 【変更しました】
参加費: 2,000円(書籍『交通まちづくり』代金を含む;当日申し受けます)

詳細はこちらをご参照ください。
休日の午後という曜日と時間帯ですが、ご関心の方のご参加をお待ちしております。

書籍『交通まちづくり -地方都市からの挑戦-』が出版されます

原田教授が編著、羽藤英二教授(社会基盤学専攻)と高見准教授が編集幹事を務める書籍『交通まちづくり -地方都市からの挑戦-』が、この7月に鹿島出版会から出版されます。土木学会土木計画学研究委員会のもとに設置された小委員会で、全国各地の研究者や実務者の方々とともに進めてきた交通まちづくりの研究と実践についてとりまとめたものです。
なお、7月5日(日)午後に東京大学にて、本書の出版を記念したシンポジウムを開催予定です。詳細は追ってお知らせします。
[Update] 詳細はこちらをご参照ください。

ジャケット